SPinfo エスピーインフォ

国内最古の桜巨木 花づくし春満開
山高神代桜
やまたかじんだいざくら
大津山実相寺
山梨県北社市武川町

2018324日制作
実相寺境内にあるエドヒガンザクラの巨木。
樹高10.3m。根回り13.5mは日本一。
推定樹齢は2,000年ともいわれている。
三春滝桜(福島県)、淡墨桜(岐阜県)と共に日本三大桜。
1922(大正11)年指定、日本初の国の天然記念物。


日本武尊が御東征の折に植えたという伝説があり、名に由来している。
また、日蓮が木の衰えを見て回復を祈ると再生したという伝説から「妙法桜」とも呼ばれる。
国の天然記念物に指定された頃は、高さ13.6m、枝張り東西27.0m、南北30.6mと高さも枝張りも現在より大きかった。
1959(昭和34)年の台風で太枝が折れるなど、衰えていた樹勢は治療など様々な策で回復傾向に転じている。
桜の見頃は例年4月上旬頃で、同じ時期に多くの花が咲く。
約3000坪と広い境内。山門をくぐると約8万本もの水仙やチューリップが見事。
山高神代桜をはじめ約30本の桜が咲き、境内をつつみ込む。、
仙丈ヶ岳を背景に広がる花畑
背景には残雪多い南アルプスの山々。山麓の高原は一面の美しい色彩で春満開。

駐車料は500円。臨時駐車場(料金500円以上の駐車場もあり)を含めて駐車台数は充分あるが満開時は混雑する。




おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ