SPinfo エスピーインフォ

歴史の謎 楊貴妃伝説
楊貴妃の里
山口県長門市油谷

20161211日制作

楊貴妃伝説が伝わる向津具(むかつく)半島の下久津。
楊貴妃が葬られたと伝わる二尊院と隣接地の中国風の公園。
歴史ロマンの伝説にふれることができる。
楊貴妃が眠るという二尊院には本堂宝物殿楊貴妃の墓が、
隣接地には、楊貴妃像交流広場休憩所桜の広場などが整備されている。






対岸から見た楊貴妃の里
楊貴妃は楊貴妃は唐の皇帝・玄宗の妻で、世界三大美女としても有名。
唐の都・長安(現在の西安)近郊の馬嵬坡(ばかいは)で絞殺された。
しかし、実際にはそこで死んではいないという噂も飛び交った。
謎めく死だが、この地には楊貴妃を乗せた船が漂着したと伝説がある。
756(天宝15)年のこと。弱っていた楊貴妃はまもなく死亡してしまったそうだ。

二尊院本堂
二尊院
807(大同2)年創建と伝わる古刹。
阿弥陀如来と釈迦如来を本尊としたのが名の由来。
ミニ華清池
楊貴妃が好きだった温泉地・華清池をイメージしたハート型の池。
スイレンが夏の午前中に咲く。

宝物館
国の重要文化財の二尊像である阿弥陀如来釈迦如来などが安置されている。
唐の玄宗皇帝が弔いに二尊像を届けさせるが、行方がわからず京都の清涼寺へ預けることに。
楊貴妃のことが判明後、仏工の名手がそっくりの2体の仏様を造り、二尊院に祀ったという。
拝観志納料200円(小人100円)。
京都の泉涌寺には、実際に聖観音像(楊貴妃観音)を安置する楊貴妃観音堂がある。

楊貴妃の墓と伝わる五輪塔


休憩所と交流広場

楊貴妃の像
楊貴妃像の高さは3.8m、楊貴妃が756年に亡くなった年齢38歳にちなんでいる。
楊貴妃最期の地とされる唐の都・長安(現在の西安)近郊の馬嵬坡(ばかいは)に立つ像と同じスタイル。
頭には中国の国花で最も高貴な花とされる牡丹がのっている。


遊歩道

おみやげ処・休憩所

駐車場






おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ