SPinfo エスピーインフォ

ネコ駅長で大人気
心豊かなローカル線
和歌山電鐵貴志川線
和歌山県和歌山市・紀の川市

20181028日制作
和歌山駅と貴志駅を結ぶ14.3kmのローカル私鉄。
2007年(平成19年)1月に南海電気鉄道から移管された。
猫のたま駅長をはじめ様々な取り組みが注目されてきた。



和歌山駅
JR和歌山駅の隅っこ、9番線ホームから和歌山電鐵貴志川線の電車は出発する。
終点の貴志駅までは所要30分前後。
ホームの券売所では、和歌山電鐵のグッズが多く売っている。
特に人気なのが、この鉄道の知名度を全国区にした「たま」駅長のグッズ。


2両編成で、南海電車時代から引き継いだ塗装の列車と、4種類のカラフルな電車がある。

いちご列車車内
紀の川市特産のいちごをアピールする、白色と赤色の電車。
座席にもイチゴのデザインがある。
おもちゃ電車
車内には何と、おもちゃのショーケースやガチャガチャがある。
赤一色の車両で、見ても乗っても楽しさがある。
うめ星電車
和歌山県名産の「南高梅」に由来するが、「うめ星」のネーミングがユニーク。
赤紫色の外観で、車内も和紙や木張りの天井など和風で豪華な雰囲気。
たま電車
貴志駅の猫駅長「たま」をモチーフにした電車。ボディ各所には、たま
の絵が101ヶ所描かれている。
上記4つの列車は、九州の豪華列車「ななつ星」も手がけた水戸岡鋭治氏のデザイン。

交通センター前駅付近 たま電車
交通センター前駅
列車は水路に沿ってカーブを走る場所で、撮影ポイントのひとつ。
駅前にある県営の交通公園では、貸自転車やバッテリーカーで交通ルールを楽しく学べ、
南海平野線(路面電車)で活躍していた電車が保存されている。
よんたま
伊太祁曽駅
沿線唯一の有人駅で、構内には和歌山電鐵の車庫や本社機能がある。
構内踏切から、停泊している電車を撮影することも可能。
ここでは猫の「よんたま」駅長が、専用の駅長室で勤務。

大池を渡るうめ星電車

大池遊園駅
大池遊園駅
大池遊園駅の和歌山駅寄りで、電車は大池を渡る。
県内有数の桜の名所で、桜の咲く池と電車。
貴志駅
終着駅で、猫を模ったオシャレな駅舎。
「ニタマ」駅長が勤務する駅長室や、喫茶が楽しめる「たまカフェ」などがある。




おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ