SPinfo エスピーインフォ

見渡す限りの花 国内最大級の梅林
南部梅林
和歌山県みなべ町

2018212日制作
梅の最高峰ブランド南高梅の産地、なだらかな斜面に広がる国内最大級の梅林。
「一目百万、香り十里」と称される。
江戸時代に田辺城主が梅の栽培を奨励したことがきっかけで、栽培が盛んになった。


入口のアーチから上り坂が続き、所々特産品の出店がある。
梅や梅加工品はもちろん、名物「かたやまのいももち」なども見逃せない。
入園門までは約400m、梅林を一望できる梅公園までは約700m。

入園門
イスノキの純林
入園門を過ぎてすぐ、小殿神社に約110本が群生。
県の天然記念物。
坂を登るにつれ、視界が広がり眼下に梅林が広がる。
梅公園では週末を中心にイベントが開催される。
ここからは足下から山の上部まで梅林が続く壮観な風景を望める。
元々栽培目的の梅林で、民家や小屋などの横でも花が咲く。
梅園の変化に富んだ風景を、散策しながら様々な角度から楽しめる。






おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ