SPinfo エスピーインフォ

落差日本一350m 大迫力の4段滝
称名滝
富山県立山町

2019522日更新

滝見台園地から見た称名滝
日本一の落差350mを誇る4段の滝。
雪解けの頃(7月頃まで)は水量が多く迫力満点で、右隣に落差約500mのハンノキ滝も現れ、巨大なV字の滝を見ることができる。
国の名勝および天然記念物、日本の滝百選、日本の音風景100選。



称名滝探勝バス
公共交通機関利用なら、立山駅から4月下旬〜11月10日(予定)に称名滝探勝バスが出ている。所要15分、500円。
マイカーでも行くことができ、立山駅から駐車場までは約6.7km。

悪城の壁(初夏)

悪城の壁(春)

悪城の壁展望台
途中、後退する称名滝が削って形成された悪城の壁が見える。
高さ500m、長さ2,000mもの壮大な絶壁で、国内最大級の規模。
所々に発達した柱状節理を確認できる。
名には「とても恐ろしく、砦のように人を寄せつけない崖」という意味がある。
マイカーなら、悪城の壁展望台から見上げることもできる。

バス内より
バスを降りる前から、車窓に称名の滝が見えてくる。

現地の看板
バス停や駐車場近くに称名平休憩所があり、2階にある称名滝展示館で知識を深めることができる。

称名滝への道
バス停から滝近くの滝見台園地までは約1.3km、徒歩30分程。
冬季は閉鎖、春など滝見台園地へ全通していない時期もあるので予め調べよう。

レストハウス称名
称名平休憩所から歩き出すとすぐ、レストハウス称名がある。
称名滝(左)とハンノキ滝(中央)
遊歩道を進んでいくと、ハンノキ滝や称名滝が近づいて見えてくる。

全通前の遊歩道終点

雪解けで水量の多い称名滝

ソーメン滝

滝見台園地からの称名滝
最上部の1段目が70m、2段目58m、3段目96m、4段目が126m。
滝見台園地の称名滝展望台から滝壺までは200m近くあるが、水量が多いと水しぶきにつつまれる程。

アルペンルート滝見台より
また、アルペンルートの途中「滝見台」からも立山高原バスの車内から遠望できる。

現地の看板





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ