関東地方 東京都
都電沿線

SPinfo エスピーインフォ

都心に情緒残す唯一の都電
都電荒川線
東京都新宿区・豊島区・北区・荒川区

2016930日更新

春の飛鳥山付近
東京都心をかつては縦横無尽に走っていた、東京都電。
モータリゼーションの発達などで徐々に姿を消した。
そんな、唯一現存している貴重な路線が「都電荒川線」。
過去には都電全線廃止の計画もあったが、当時すでに並行する明治通りの渋滞が慢性化。
バスに替えると到達遅延の心配があり、専用軌道が多かったことから廃止が見送られた。
最高時速は40km。1978(昭和53)年にワンマン化された。
三ノ輪橋(東京都荒川区)から早稲田(東京都新宿区)の約12.2kmを所要概ね56分で結ぶ。






都電6152号車側面のサボ


早稲田停留所 都電7022号車(復刻塗装)
始発・早稲田停留所
その名前の通り、早稲田大学へ徒歩約6分。
道路のセンター部分に駅があり、降車用のホームと、乗車用のホームが別個になって並んでいる。
三ノ輪橋方向から走ってきた電車は、降車用ホームで乗客を下車させると、転線して乗車用ホームに入線。
改札口はなく、運転士に運賃を払う仕組み。
東京メトロ東西線「早稲田」駅とは徒歩約15分離れている。
桜と神田川
早稲田停留所から1駅目の「面影橋停留所」も、道路のセンター部分にある。
神田川が160m程道路に隣接して流れている。
古くは歌川広重「名所江戸百景」にも描かれた名所。
河畔に咲く桜並木と都電が一緒になった風景は、カメラマンにも人気。
高層ビルを背景に
鬼子母神前停留所付近では、北側の三ノ輪橋方向に池袋の高層ビルをバックに都電が走る。

鬼子母神前電停での8500形


大塚駅前停留所での花電車(2011年)
山手線の下にある停留所
大塚駅では山手線と立体交差。
停留所は山手線高架下で、折り返し電車もあり車両の撮影にもいい。
バラが沿線に植栽されているのもポイント。

「いっぷく亭」店内からのホーム
甘味屋さん併設の停留所
庚申塚停留所の三ノ輪橋方向ホームには、甘味処「いっぷく亭」がある。
都電が行き交うホームの様子が目の前に。
特製ソースで焼き上げる焼きそばや自家製おはぎなどをゆったり味わいたい。


巣鴨地蔵通り商店街
おばあちゃんの原宿
庚申塚停留所からJR山手線「巣鴨」方面へ。
巣鴨地蔵通り商店街は「おばあちゃんの原宿」という愛称で知られている。
「とげぬき地蔵」で知られる高岩寺(こうがんじ)の門前。
旧中山道で、起点・日本橋を出て初めての休憩所「立場(たてば)」だった。


ときわ食堂「メンチカツ定食」
大衆食堂「巣鴨ときわ食堂本店」
いつも行列ができるメニュー豊富な大衆食堂。
壁に豊富なおかずメニューが貼ってあり、270円プラス(ご飯・味噌汁・漬物)で定食にできる。
人気はエビフライとメンチカツ。
エビフライは200食出る日もあり、メンチカツは大きさも人気。
ご飯は1杯のみおかわり無料、味噌汁は一人前ずつ小鍋で作ってくれる。
都電「庚申塚」停留所近くにも支店がある。



飛鳥山公園前付近 8500形
路面電車の情緒
飛鳥山公園への最寄りである飛鳥山停留所と王子駅前停留所までは道路上を走る併用軌道区間。
路面電車となる貴重な区間だ。
飛鳥山公園の桜シーズンは、歩道橋の上はカメラマンでいっぱい。
また、王子駅前停留所間近の坂は、国内でも有数の勾配。

飛鳥山停留所でのレトロ電車9001号車と8500形

飛鳥山停留所での花電車(2011年)


王子駅前停留所は新幹線高架下
都電7022号車(復刻塗装)



音無親水公園
音無親水公園
JR王子駅北口からわずか100m。
緑につつまれた せせらぎで、昔この地にあった「権現の滝」や木橋の「舟串橋」も再現された。
水と岩と緑に彩られた公園で、春の花見、夏は子供たちの水遊びで賑わう。

都電もなか
都電の箱に入った可愛い もなか。
都電荒川線を「梶原」電停で降り、歩いて2分。
「梶原銀座商店街」の入口にある明美製菓。
明美製菓を、いや都電荒川線を語るうえで欠かせない名物だ。



車庫に待機する電車

毎年6月「路面電車の日」に開催される
荒川車庫一般公開イベント(2010年)
車庫前の停留所
都電の基地・荒川電車営業所の前にある荒川車庫前停留所。
出入りする電車を眺めているだけでもワクワクしてくる空間。
年2回程、車庫が一般公開されるイベントが開催され、ファンで大いに賑わう。
荒川車庫に併設されている「都電おもいで広場」には、
近代型電車「PCCカー」5501号車と、朝夕の通学ラッシュ時に活躍した「学園号」7504号車が展示されている。
いずれも車中に入ることができ、昔の姿をしのぶ事ができる。
土日祝日のみ公開で、開設時間は10〜16時。

「都電おもいで広場」PCCカー5501号車


荒川車庫前停留所でのレトロ電車9002号車



あらかわ遊園
お子様向けの遊園地
「荒川遊園地前」停留所を降りて、まっすぐ歩くこと約5分。
「日本一怖くないジェットコースター」や、観覧車などがある「あらかわ遊園」に着く。
元々は、都電荒川線の前身「王子電気鉄道(王電)」の直営遊園地だったものが、戦後 荒川区の運営になった。



京成町屋駅から



三ノ輪橋停留所 8810号車
始発・三ノ輪橋停留所
駅沿いに、バラの花など季節の花々が目を楽しませてくれる。
この風景から「関東の駅百選」にも選ばれているほど。
また、乗車用プラットホームの壁には、様々なホーローびき看板が掲げられ、昭和レトロを感じさせてくれる。

三ノ輪橋停留所 ホーローびき看板
旧王電ビル
都電荒川線の前身である私鉄「王子電気鉄道(王電)」が戦前に建てたターミナルビル。
1階は「三ノ輪橋」停留所へ抜ける通路の両側に飲食店が並び、2階には写真館が入っている。


運賃 大人170円(IC 165円)。
都電の貸し切り
都電の車両を貸し切りで運行できる。※繁忙期(GW、お彼岸、お盆、年末年始など)を除く。
2ヶ月前の月初め1日の午前10時から先着順で受付。車両形式を指定して貸し切りも可。
料金は一般貸切で13,820円。※車内での飲食は不可。




おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

関東地方 東京都