関東地方 東京都

SPinfo エスピーインフォ

爆笑王ゆかりの店
懐かし看板メニュー
昭和の洋食プレート
レストランはやしや
東京都新宿区

2018115日制作
看板メニューで、ハンバーグ、ポークソテー、サーモンムニエル、海老フライ、ハヤシまたはカレーライスのワンプレート。
スープも付いて1,280円。いろいろ味わえボリュームもある。
懐かしむ人だけでなく、もちろん若い人にも人気。





新宿駅東口から徒歩約4分の新宿サンパークビル。
地下にはスーパーマーケット「三平ストア」、5Fには洋食レストラン「レストランはやしや」がある。
このレストラン、年配の方には「三平食堂」と言った方が通りよい。
戦後間もない1949(昭和24)年に、新宿東口に登場。
和食あり、洋食あり、中華あり、デザートありと何でもこざれの夢のようなメニューだった。
当時の人気は、ケチャップライスの上に卵とじトンカツがのった「三平ライス」。
上野の「じゅらく」、渋谷の「渋谷食堂」と並ぶ、東京の大衆食堂の御三家ともいわれた。
後に閉店となってしまうが、洋食部門は残って再スタート。
元々の屋号は創業者・小林平三氏の名を逆にしての「三平」だったが、これが昭和の爆笑王・林家三平師匠の目に留まった。
その縁で、新しい屋号は現在の「レストランはやしや」となった。

昭和の洋食プレート(一部分)


コロッケとメンチカツの定食
*ランチメニューは580円から
当時からのコンセプト「いつでも安くて美味しいものを」が受け継がれた代表的メニューが「コロッケとメンチカツの定食」680円。
ライス、味噌汁はもちろん、ソフトドリンクも付いてくる。
ランチタイムは、1,000円でお釣りがくるメニューがほとんど。






おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

関東地方 東京都