関東地方 東京都

SPinfo エスピーインフォ

御苑の湧水井戸
待受画像で運気アップ
清正井
明治神宮御苑
東京都渋谷区

2018211日制作
明治神宮の広大な森「明治神宮御苑」。
御祭神は明治天皇・昭憲皇太后におゆかり深き由緒ある名苑。
江戸時代初期は熊本藩主・加藤家下屋敷の庭園だった。
その後、彦根藩主・井伊家の所有となった。
明治維新後は皇室の御料地となり「代々木御苑」と称された。





御苑の一番奥にある「清正井」。
江戸初期、加藤家の庭園だった時、加藤清正が掘ったといわれ、この名がある。
古くから「江戸名井」の一つに数えられていた。
今でも水がこんこんと湧いている。
冬は温かく、夏は冷たい。
井戸水特有のいつも気持ちいい水温、年間を通し15度前後という。
最近まで茶の湯に使用されていたが、現在は水質の関係から飲用はできない。
パワースポットとして最近賑わいを見せている。
井戸の写真を撮って、スマホ・携帯の待ち受け画像やパソコンの壁紙にすると運気が上がるという。
清水は花菖蒲田を潤し、南池で淀んだ後に池の水門から流れ下り、神橋をくぐりぬけ渋谷川へ注いでいく。

明治神宮御苑入口
明治神宮御苑へは、JR「原宿駅」から神宮橋を渡り、大鳥居から正参道を進んで徒歩約5分。
入場料500円。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

関東地方 東京都