関東地方 東京都

SPinfo エスピーインフォ

戦国時代からの歴史
元祖フリーマーケット
世田谷ボロ市
東京都世田谷区

201717日更新
暮れの12月15日、16日と、年明けの1月15日、16日に毎年開催される蚤の市、元祖「フリーマーケット」。
多くの人で賑わい、近郊からのバスツアーも組まれる程の知名度を誇る。
都の無形民俗文化財。


戦国時代の楽市が由来
遠く1578(天正6)年、小田原城主・北条氏政が、家臣の世田谷城主・吉良氏朝の城下に楽市を開いたのが始まり。
ここでは市場税が一切免税され自由な行商商売が認められた。
毎月一の日と六の日に月6回開いていたので、「六斎市」ともいわれていた。
しかし、1590(天正18)年に北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされると世田谷城は廃止、楽市もなくなった。
だが、市そのものは徳川時代になっても「市町」という名のもとに開催されていた。
後に農家の作業着の繕いや、草鞋(わらじ)に編み込むボロが安く売られるようになり、いつしか「ボロ市」と呼ばれるようになった。
ことに草鞋をボロと一緒に編み込むと何倍も丈夫になるので、農民はこれらを争って買った。
大部分の農家にとって、農閑期の夜なべの草鞋編みは大切な現金収入の副業であり、ボロ専門の出店が何軒も出たという。
近郷の農村の需要を満たす農具市・古着市・正月用品市として毎年12月15日に開かれる「歳の市」として長くその歴史は保たれた。
明治の世になって新暦が使われるようになると、正月15日にも開かれ、やがて現在のように4日間開かれるようになった。
元祖「フリーマーケット」
明治、大正の頃は出店しているものは主に、ボロ、古着、農機具、農産品などが多かったが、
昭和の初め頃から、見世物小屋や芝居小屋までかかるようになった。
大正から昭和にかけては出店数は8〜900店、多い時は2,000店にまでなった。
現在は交通量の増大等の事情もあり、出店数は6〜700店になり、場所も狭められた。
現在では、農耕具、古着など「ボロ市」的な特徴のものは少なくなり、玩具や装身具、植木などがメインとなっている。
「元祖フリーマーケット」的な出店が目立っている。


代官餅をこねている様子
ボロ市味散策〜つきたての代官餅
飲食関連の出店も多い中、一番人気は「代官餅」。
つきたてのお餅で、ボロ市でしか味わうことができない。
地元の商店会・保存会の人たちが、臼のお餅を一生懸命に杵で搗く。
あんこ、きなこ、からみ(大根おろし)の3種類があり、1パック700円なり。
これを目当てとした行列ができ、待つ時で3〜4時間もあるほど人気。
狙い目な時間は、バスツアーのお客さんが帰った後の14時以降か。
また、からみ餅で使った大根の余った葉っぱは無料で頂けるので、袋持参で来る人も多い。

ボロ市味散策〜神戸屋のフランクフルト
東急世田谷線「上町」駅から、ボロ市通りに入ってすぐの所にあるお肉屋さん・神戸屋さん。
このお店は、コロッケ、メンチカツなど揚げ物系惣菜が美味しく、テレビなどで紹介されている。
しかし、ボロ市期間中はその販売をやめて、自家製ラードで焼く「フランクフルト」が登場する。
ボロ市でしか味わえないボロ市名物、1本170円なり。

ボロ市味散策〜岡野屋の「シャーピン」(中華風おやき)
東急世田谷線「上町」駅からボロ市通りに入り、右方向に歩くこと約5分。
「どらっぐぱぱす」前に出店を出している名物が岡野屋の「シャーピン(中華風おやき)」で1枚300円。
肉汁たっぷりの中華の具が、ぎっしり詰まった人気の味。
この味を目的にボロ市を訪れる人も少なくない。

ボロ市味散策〜一忠屋「酒屋の甘酒」
寒い時期の開催ゆえ、各所でホットドリンクが売られ甘酒も人気。
中でも老舗酒屋「一忠屋」の甘酒は麹を使い本格的なもので、1杯100円という安さ!
またワンカップの熱燗も250円で売っており、通の中には甘酒と熱燗をブレンドして飲む人も。

ボロ市味散策〜世田谷三栄会「牛串焼き」
東急世田谷線の「世田谷駅」方向へ約20分歩くと、牛肉を焼くいい匂い。
大ぶりの牛肉の串焼きで1本400円。
ボロ市新名物として知名度が高くなっている。

会場へのアクセス
東急世田谷線で「上町」もしくは「世田谷」駅で下車し、徒歩約5分。
渋谷駅からバス便もあるが、期間中は交通規制や渋滞が予測されるため、世田谷線利用を推奨する。
東急世田谷線は特別ダイヤで運行される。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

関東地方 東京都