関東地方 東京都

SPinfo エスピーインフォ

都内唯一 デパート屋上観覧車
かまたえん
蒲田東急プラザ
東京都大田区

20171110日制作
幸せの観覧車
1乗車300円で、1周の所要時間はおよそ4〜5分。
ゴンドラはゆっくりと上がり、景色が広がる。
天気に恵まれると、富士山や丹沢の山々なども一望。
眼下には東急池上線と多摩川線が見え、電車が往来するのも見える。


かつてデパート(百貨店)の屋上は、軽食処、観賞魚屋、ミニ遊園地などが普通だった。
「デパートに行く」のは「よそ行きのおでかけ」。
子供達は最上階の大食堂でお子様ランチなどを食べさせてもらい、屋上の遊園地で遊ぶ、というのが定番コースだった。
その楽しさ詰まった「デパート大屋上」も、1973(昭和48)年の熊本・大洋デパート火災などで状況が変わる。
屋上面積の確保など消防法の改定や買い物客の趣向の変化で屋上に足を運ぶ人の減少などの理由で、縮小・閉鎖が続いた。
蒲田東急プラザの屋上遊園地の登場は、昭和が最も華やかだった頃の1968(昭和43)年。
観覧車をはじめ、ミニ汽車、コイン式乗り物など、本格的な屋上遊園地だった。
1989(平成元)年に現在の観覧車に交換されても、人気は衰えなかった。
2014(平成26)年にはビルの全面改装で、屋上遊園地は廃止されることに。
しかし、多くの署名やメッセージが寄せられた。
「観覧車をなくさないでください」、「思い出の観覧車を残してください!」。

観覧車からの眺め

東急多摩川線と池上線を望む
そこで方針を変えて、屋上は「かまたえん」という広場にして、観覧車は整備の上残すことになった。
スタッフの方によれば、デパートの屋上観覧車は、全国でも稼働は2台のみという。
ここでは、親子3代が子供の頃に乗った家庭もあるという。
人々の笑顔を乗せて、これからも回り続けて欲しい。

ecoライド

ミニキッチンカー

7階ゲームコーナー
ゲームコーナーの日本縦断ゲーム




おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

関東地方 東京都