関東地方 東京都

SPinfo エスピーインフォ

元祖・汁なしラーメン
油そば発祥店
油そば
珍々亭
東京都武蔵野市境

2018212日制作

油そば並盛りネギ増し
「油そば」元祖は諸説あるが、一般的には亜細亜大学近くの「珍々亭」が昭和30年代に始めたといわれている。
学生に評判となり、武蔵野全域に広まっていった。
油そばとは、一言でいえば「汁なしのラーメン」。
「まぜそば」と称する店もある。
丼の底に注がれたタレを麺に絡めて食べる。
具は一般のラーメンと同じで、ネギ、ナルト、チャーシューなど。
「油」と名が付くため、コレステロールが高い感じがする。
しかし、実際は「スープが入っていない」ため、カロリーは通常のラーメン類よりも低くかえってヘルシーだ。






油そば大盛りネギ増し
ネギ増量が人気
珍々亭の油そばは、「ネギ増量」といって「大ネギ(大盛りのネギ増し)」でオーダーする人が多い。
すると、丼を覆いつくさんばかりにネギが盛られて出てくる。
このネギが、ラードベースのタレと実に良く合う。
最後は残ったタレとネギの入った丼に、御飯を入れて「混ぜ飯」にするのが人気の食べ方。
昼時ともなると、店の前に長蛇の列。
亜細亜大学から300m程度と近く、学生にとってなくてはならない店。
「新入生の洗礼」と称してここへ連れてくるサークルもある。
新入生も初めは抵抗があっても、味にハマって通い出すようになる。
卒業して家庭を持って、子供と一緒に訪れる人も多いという。
*JR中央線「武蔵境駅」より約900m、徒歩約13分。
*営業11:00〜16:00(麺がなくなり次第閉店)
*日祝休業





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

関東地方 東京都