関東地方 東京都

SPinfo エスピーインフォ

受け継いだ独自の味で今日も行列
五目そば
中華そば みたか
東京都三鷹市

2019828日更新

「五目そば」700円
三鷹駅南口近くのビル地下で、行列の絶えないお店。
メニューはシンプルに、ラーメンワンタンと飲み物だけ。


元々は、1949(昭和24)年創業の老舗ラーメン店「江ぐち」だった。
後に街の再開発で、お店は地下に潜ったが、いつも人の絶えない人気ラーメン店だった。
しかし、2010(平成22)年に先代主人が急逝し、お店は閉店。
多くのファンが詰めかけ、こよなく愛したラーメンとの別れを惜しんだ。
ところが4ヶ月後、「江ぐち」で修行していた弟子が継ぎ、「中華そば みたか」として味を受け継いだ。
反響は大きく、ファンはすぐ戻ってきたという。

「チャーシューの小皿」400円
まずは、「チャーシューの小皿」(400円)とビールを注文する人も多い。
メンマの上にチャーシューが盛られ、ネギがどっさり。
そこにラーメンのタレがかかっていて、ビールと実によく合う。
「江ぐち」でも人気だったメニューだ。
そして、一番人気の「五目そば」(700円)。
昔ながらのプレスハムやピーマンがアクセント。
通常「五目そば」は塩味のスープだが、この店では醤油味。
「昔ながらのラーメン」という感じで懐かしい。
粉にもこだわった独自の色と歯ごたえの麺。
ラーメンとそばの合いの子のような感じで、歯ごたえもボリュームもある。
独特な味に酔いしれる。

三鷹駅南口徒歩約3分。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

関東地方 東京都