関東地方 東京都
都電沿線

SPinfo エスピーインフォ

都電の箱に入った可愛いもなか
都電もなか
明美製菓
東京都北区

20161112日制作
都電荒川線を「梶原」電停で降り、歩いて2分。
「梶原銀座商店街」の入口にある明美製菓。
明美製菓を、いや都電荒川線を語るうえで欠かせない名物「都電もなか」。





「都電もなか」の発売開始は1977(昭和52)年。
都電荒川線がワンマン化で生まれ変わる1年前のこと。
電車型もなかの中にビッシリ、粒あんと求肥餅。
たちまち人気を集め、新しい東京名物として定着していった。

もなかの皮、あんこに使う小豆、求肥餅に使う白玉粉など素材にこだわった。
何度も試行錯誤を繰り返した上での味だ。

都電もなか10個入り
10個入りセット(1,491円)を買うと、車庫をデザインした箱に入っており、お土産にピッタリ。

都電もなか20個入り
20個入りを買うと、平箱に入っており、その表面は何と「すごろく」になっている!
「都電もなか」を食べた後は、「都電荒川線すごろく」で遊べる楽しいお土産。

都電もなかラインアップ
1つ144円で、バラ売りもしてくれる。
荒川線を走る電車のデザインは、現在7種類。
7000形旧型、7000形新型、8500形、8800形、8900形、「レトロ電車」9000形。
そして、新車・7700形の登場に合わせて7700形の箱も登場した。
反対に、全車が引退した7500形の箱は見られなくなった。

店内に飾ってある9000形モデル

王子のコン太くん像
店の入口では王子のマスコット「王子のコン太くん」が待っている。

明美製菓外観
営業時間 10:00〜19:00
定休日 月曜日(祝日は営業・振替休日あり)




おでかけの際は最新情報をお確かめください。


SPinfo エスピーインフォ

関東地方 東京都
都電沿線