関東地方 東京都

SPinfo エスピーインフォ

名園晩秋 紅葉の色彩浮かぶ夜
紅葉ライトアップ
六義園
東京都文京区

20171118日制作
JR山手線「駒込駅」から徒歩約2分の庭園・六義園。
春はしだれ桜のライトアップが行われるが、秋には燃えるような紅葉の名所としても知られる。
そして秋も深まったころには、その紅葉がライトアップされ、人気を集めている。




*入場は染井門から*
六義園は、駒込駅に近い染井門ともう1ヶ所門があるが、ライトアップ時間帯は染井門のみ開放される。
特にライトアップ時間帯は入場券待ちの列が続き、日や時間帯によって30分以上の待ちもある。
また、駒込駅改札口付近は、待ち合わせの人でごった返し、なかなか合流できないこともある。
待合せの場合は、地下鉄南北線の駒込駅出口など、JR改札を外した場所でするとベスト。

染井門付近の紅葉
入場券を買って入場し、すぐ見えるのが和傘と紅葉。
この2つのコントラストから、ここで記念写真を撮る人も多い。
*紅葉への道*
ライトアップされた紅葉が多いのは、メイン部分の池付近。
ここまでは薄暗い道を進むことになる。
随所随所で明かりがついているので、歩くのには不便はない。
竹藪のところもライトアップされており、竹取物語の気分を味わうこともできる。
*茶屋や露店は?*
ライトアップ時間帯には、吹上茶屋と心泉亭が夜間営業する。
吹上茶屋では、お酒(熱燗)や甘酒の販売もあるので、身体の底から温まって紅葉を巡ることもできる。
また、名物のお団子を売る臨時の屋台も出る。
ここのお団子は大ぶりで美味しいと好評。
<営業時間>
○吹上茶屋 9時〜20時30分(L.O.20時)
○心泉亭 平日:12時〜20時(L.O.19時30分) 土日祝日:10時30分〜20時(L.O.19時30分)

*どの辺がライトアップ?*
メイン部分の池の周りが、一番紅葉が多くライトアップされている。
池越しにライトアップされている紅葉と、雪吊りされた木を一緒に撮影できるポイントが、一番の撮影ポイント。
混雑するので、撮影は譲り合って撮影しよう。
また、池を渡る橋の上では安全上の理由で撮影禁止。ご注意を。
*紅葉でヒーリング?*
歩いていると、ヒーリングを感じさせる音楽が流れてきた。
見ると、谷になっている場所が青く染まり、霧が立っていた。青い
光はついたり消えたりして、神秘さをも感じさせてくれる。これは
新たな紅葉の見方かもしれない。
*2017年度のライトアップ*
平成29年11月18日(土)〜12月6日(水)
開園時間は9〜21時(最終入園は20時30分)




おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

関東地方 東京都