東海地方 静岡県
伊豆エリア 下田市

SPinfo エスピーインフォ

港を望む城跡に紫陽花300万輪
あじさい祭り
下田公園
静岡県下田市

201761日制作
下田港や市街を望む下田公園の斜面いっぱいに咲く紫陽花。
約15万株、300万輪といわれる規模がある。
毎年6月1日から30日まで「あじさい祭り」が開催されて大いに賑わう。






あじさい祭りゲート
公園への入口は、下田港のペリー艦隊上陸記念碑付近がメイン。
バスは紫陽花の時期は迂回して公園へ停車してくれる。
伊豆急下田駅からペリーロードなど経由で歩いても30〜40分程だ。
車の場合はペリー艦隊上陸記念碑付近に臨時駐車場が開設される。

園内へ入るとすぐ上り坂で、沿道に紫陽花が早速咲いている。

カーター記念碑とあじさい

開国記念碑
「開国記念碑」周辺が広場になっており、出店が並ぶ。
「下田太鼓」実演や花のかざぐるま作り体験などの楽しみもある。


彫刻とあじさい
下田公園はかつては城だった場所。
この岬自体は、後北条一族が統括して小田原水軍の基地となっていた。
1590(天正18)年の小田原の戦いで開城、以後は戸田氏が城主となり、幕府直轄領として廃城となった。


下田公園から見た下田市街

下田公園から見た下田港

自然の地形を活かした城だったが、そのどこを見ても花でいっぱい。
沿道や斜面はもちろん、濠跡にさえも群落でもう別世界。
これだけの紫陽花を見える所は、全国でもそうそうない。

あずまやと紫陽花




旧澤村邸とあじさい

旧澤村邸
なまこ壁残る「旧澤村邸」
なまこ壁と伊豆石。伊豆ならではの資材で大正時代に建築された。
下田公園から見下ろせる隣接地で、公園入口から約200m。
ペリーロード入口にあたり、休憩室の窓からはペリーロードの町並みが見える。
休憩としても利用できる。10〜16時開館、水曜休。



(写真:廣田さん提供)
<アクセス>
*伊豆急行線「伊豆急下田」駅から「下田海中水族館」ゆきバスで「下田公園」下車。
(「下田公園」を経由するのは「あじさい祭り」期間中のみ)
*伊豆急行線「伊豆急下田」駅から約1.5km、徒歩約30分。
*臨時駐車場(収容100台、1回500円)。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

東海地方 静岡県
伊豆エリア 下田市