東海地方 静岡県
富士エリア

SPinfo エスピーインフォ

富士山を背景に溶岩流を落下
鮎壺の滝
静岡県駿東郡長泉町・沼津市

2016412日制作

鮎壺の滝と富士山
箱根と愛鷹山の間を流れる黄瀬川本流にかかる。
富士山の噴火で形成された「三島溶岩流」の末端から落下。
滝の高さは約9m、幅は約65m。
本流だけに、大雨の後などは結構な迫力がある。
周辺が宅地化されたが、滝の下流に架かる鮎壺のかけ橋を渡ると好天時には滝の後方に約30km先の富士山が見える。



桜越しの滝
桜シーズンには両岸で花見ができる。

滝全景と滝壺
滝で止められた鮎が滝壺で群れていたことが名の由来とされる。





鮎壺のかけ橋から見た滝

鮎壺のかけ橋
鮎壺の滝は駿東郡長泉町と沼津市の区界にある。
滝の下流100m程に鮎壺のかけ橋がかかり、長泉と沼津を結んでいる。
滝に向かって右手の長泉側には鮎壺公園、左手の沼津側には鮎壺の滝緑地が整備されている。
<アクセス>
*JR御殿場線「下土狩」駅から徒歩約6分。
*マイカーの場合、JR「下土狩」駅隣の町営駐車場利用が便利。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

東海地方 静岡県
富士エリア