SPinfo エスピーインフォ

母から娘へ港温泉町愛情飾り
雛のつるし飾りまつり
稲取温泉
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取

201831日制作
江戸時代に始まった稲取の美しい伝統行事。
当時はお雛様を飾れる裕福な家は少なく、その代わりに生まれた。
娘の成長を願う母や祖母の手作り、温かい愛情の結晶。
戦後の混乱などで廃れかけたが、稲取婦人会が平成になって復刻。
現在では毎年1〜3月に行われる。



むかい庵入口
雛の館「むかい庵」
おひな様の煌びやかさに圧倒される。
写真は自由に撮影できる。(三脚不可)
干物やみかんなど特産品の売店も併設されている。
伊豆稲取駅を降り、漁港の方へ徒歩約15分。

雛の館むかい庵

吊るし雛「這い子」
主な吊るし飾り
「猿っこ」・・・猿の形をしたお飾り。「厄や災い、病が去る」。
「桃」・・・桃は古くから邪気を祓い、長寿をもたらす。また、子だくさんにもつながる。
「唐辛子」・・・唐辛子は昔は防虫剤の役目もあり、「悪い虫が付かないように」という願い。
「座布団」・・・赤ちゃんが早く座れるように願う飾り。
「這い子」・・・赤ちゃんが健やかに育つよう飾ったもの。
「巾着」・・・巾着は昔は財布でもあり、お金に不自由なくという願いが込められている。
「三角」・・・薬やお香の袋は三角形だったため、病気に無縁の意味がある。

端午吊るし飾り
男の子用に「つるし端午飾り」も飾られている。

むかい庵前の直売所


文化公園入口
文化公園雛の館
稲取の温泉街にある公園も会場で、大きなひな壇や日本三大吊るし飾りも見ることができる。
伊豆稲取駅から約850m、徒歩約12分。

文化公園のひな壇

金目鯛の吊るし飾り
金目鯛の「鯛の鯛(中骨の一部)」を使ったお飾りは稲取ならでは。

酒田市「傘福」

柳川市「さげもん」
共に日本三大吊るし飾りの、山形県酒田市の「傘福」と福岡県柳川市の「さげもん」も飾られている。

文化公園の河津桜

文化公園の屋台村
飲食などの出店があり、5つの違う湯温を楽しめる足湯(無料)で温泉を楽しめる。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ