SPinfo

みかんが原料の地ワイン
伊豆みかんワイン
JAみかんワイナリー
静岡県東伊豆町

平成になって販売スタート
新しい東伊豆名物をと開発、5年間の試行錯誤の末「みかんワイン ゆめ紀行」が生まれた。
営業販売の開始は平成になった年、新しい年号と新しい特産品のスタートだ。
地元産の温州ミカンの皮をむき、搾ってまずはジュースに。
そして、酵母を植え付け半年かけて発酵・熟成させる。
瓶詰めは週1〜2回、1回で約2,000本が生産される。
アルコール度数は6〜7度と通常のワインより低く、甘みがあって飲みやすい。
特に女性に人気がある。多くの旅館で会席料理の食前酒として出されている。
辛口派の人には、度数が10〜11度のドライがおすすめだ。
醸造まで自前の本格的取り組み
国税庁主催「洋酒果実酒鑑評会」にて、4年連続最高Aランクに評価された。
また、醸造まで全て自前ということも評価されている。
現在では年間で約15万本も生産される程人気商品となっている。
店内に並ぶみかんワインなど
見学できるみかんワインの熟成タンク



当初は「みかんワイン」に限定されていた醸造が2002(平成14)年に規制解除、商品幅が広がった。
アロエニューサマーオレンジ、季節限定でヤマモモのお酒も楽しめる。
飲めない方やお子様には、乳酸菌飲料に夏ミカンのジュースをブレンドした「夏みかんサワー」が人気。
ここでは工場見学や試飲(無料)もできる。(ドライバーと未成年者は「夏みかんサワー」の試飲)
果実ジャム試食コーナー
<マイカーで>
国道135号線から分岐し、伊豆アニマルキングダム(旧・伊豆バイオパーク)の方向へ。
坂を上って行くこと約5分、JA伊豆太陽の「みかんワイナリー」がある。
<公共交通で>
伊豆稲取駅から「伊豆アニマルキングダム」行きのバスで、「JAみかんワイナリー」下車すぐ。
<営業時間>
8:30〜17:00(お正月3が日以外は年中無休)
伊豆東ワインHP







SPinfo