SPinfo エスピーインフォ

ビルマ文化にもふれる「かやの寺」
大慈山 済廣禅寺
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取

2017111日制作
観光客の多い伊豆急行「伊豆稲取駅」近くの隠れた名刹。
駅から約150m(徒歩約2分)、入口で榧(かや)の大木が出迎えてくれる。
「かやの寺」とも呼ばれるパワースポットだ。





この木は樹齢750年以上で、樹高18m、根回り6m。
生命力の強さから伊豆有数のパワースポットといわれる。
木の脇には「ここに手を触れてパワーをいただきましょう」という目印がある。
この榧の実を使ったお守りが、本堂内売店で販売されている。

参道
日本兵36万人のうち18万5千人が命を落としたビルマ戦争。
地元から出兵した山田氏はビルマ独立に貢献。
1973(昭和48)年、ビルマのネーウィン首相からビルマの国宝・釈迦如来と竪琴が贈与された。
このお釈迦様を、2度と戦争を起こさぬよう「平和釈迦如来」として済廣禅寺に奉納されている。
境内にある宝物館で拝観できる。入館料200円。
このような縁で、境内各所でビルマ文化と出会える。

かやの木とみちびき橋

みちびき橋とビルマの仏鐘
ビルマの仏鐘
宝物館近くにはビルマの仏鐘。
朱塗りの「みちびき橋」を渡ると、大きさ世界一の立派な鐘の近くへ。
世界平和を願って据え付けられたものだ。
小さい鐘もあって、こちらは自由に鳴らすことができる。

不動水

双顔石

占い摩尼車(まにぐるま)
干支の神様が描かれた摩尼車を回し、停まった位置で占う。
正面に立った自分より、自分の干支が左側なら運気上昇、右側なら運気降下。
周りには、干支にちなんだ神様の御像が安置されている。
入場料200円。

羅漢の窓

羅漢の庭
羅漢の窓
羅漢とはお釈迦様の弟子で、悟りを開いた方々。
窓から見えるのは、そんな羅漢様。
悟後の修行をされ、池のほとりで過ごす自由なお姿。
あるがままの様子に、感じる何かがある。

不動消災の道
本堂に入ると、まず案内される場所。
何もない真っ暗闇の中を壁に手を当てながら歩いて、不動明王様を目指す。
信濃・善光寺の「戒壇めぐり」に似ている。
暗闇を歩き光に感謝すると災いや厄が取れ、新しい心で過ごせるという。
やがて明るくなると、不動明王様の前へ出させて頂ける。
そして、無限のパワーを求め、再びかやの木へ。






おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ