東海地方 静岡県
富士エリア

SPinfo エスピーインフォ

富士山望む工場地帯のミニ私鉄
岳南電車
静岡県富士市

2017827日制作

本吉原駅
東海道本線「吉原駅」下車、隣接する駅舎からオレンジ色の小さな電車で出発。
吉原本町を通り岳南江尾駅までの9.2km、魅力あふれるミニ私鉄を楽しめる。






吉原駅で7000形電車
すべて硬券
紙の町・富士だからなのか、切符は今でも昔ながらの厚い紙の切符。
当然、鉄道ファンの心をつかみ、入場券や初乗り切符の記念買いも少なくない。
全線1日乗り降り自由のフリー乗車券も、細長い硬券。
最後に降りる際に渡さなければ、手元に残る。


吉原祇園祭と電車
吉原駅と吉原本町駅
東海道の宿場町として栄えた吉原だが、国鉄は中心街から離れたところを通った。
岳南鉄道は、国鉄(JR)の駅と中心街を結ぶ役割も大きい。
吉原の中心街、大きな商店街の中にある駅は吉原本町駅。


富士山と電車
沿線から富士山
富士山から20数kmしか離れておらず、遮る山もない。
建物が高くなければ、ほとんどの場所から富士山を望める。
富士山の見えるホーム位置には「富士山ビューポイント」の標識がある。

ホームの富士山ビュースポット


愛鷹山を背景に走る

新幹線を背景に岳南江尾駅
岳南江尾駅舎


岳南富士岡駅にて
工業地帯の路線
静岡県富士市は、全国でも有数の紙生産地。
かつては、岳南鉄道でもパルプなどを運ぶ貨物列車が走っていた。
現在でも機関車は、岳南富士岡駅構内で見ることができる。

パイプラインと線路
工場風景のハイライトは、岳南原田駅と比奈駅の間。
工場に挟まれ、いくつものパイプラインをくぐる。

比奈駅より

岳南原田駅より

本吉原駅

工場と鉄道夜景
工場夜景電車
今では、工業地帯の中を走る姿や車窓が人気。
特定日には「工場夜景電車」も走っている。
このイベント列車は、工場夜景がきれいなところで減速。
車内の灯りも落として、夜景が映え雰囲気も出るよう演出されている。
2014(平成26)年には、鉄道として初めて「日本夜景遺産」に認定された。

岳南電車のポスターより




おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

東海地方 静岡県
富士エリア