東海地方 静岡県
伊豆エリア 熱海市

SPinfo エスピーインフォ

手水は温泉 歴史ある湯治の神
湯前神社
静岡県熱海市

201719日制作
熱海駅から坂道を下り、銀座交差点で右折。
ニューフジヤホテル前を通り、大湯間歇泉の斜め前にある小さな神社。
温泉の神・少彦名神を祀っている。
749(天平勝宝元)年に里人が祠を建てたと伝わる古社。
源頼朝などからも信奉され、湯治の神として名が広まった。
徳川家康も社殿前の大湯に湯治で訪れた。





温泉の神様なので、石段脇の柱などには献上したホテルや旅館の名が刻まれている。

手水は湧き出たばかりの温泉。
暖かい水でお清めとは、古くからの温泉地ならでは。


源実朝歌碑
源実朝は1214(建保2)年に熱海の海に噴き出る大湯を見て詠んだ句。
「都より巽にあたり出湯あり 名は吾妻路の熱海といふ」


本殿
江戸時代には、この地から幕府へ温泉の湯を献上した。
そこで、「熱海湯まつり」が10月の第1土曜と日曜に開かれる。
「湯汲み道中」を再現したパレードや、献湯祭などが行われる。



神社前にある日航亭大湯は、徳川家康も入った由緒ある温泉。
現在でも、日帰り湯として利用できる。

また、「大湯間欠泉」もわずかな距離のところにある。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

東海地方 静岡県
伊豆エリア 熱海市