SPinfo エスピーインフォ

野鳥の楽園 城跡麓長い歴史の池
西池
滋賀県長浜市奥池町

201832日制作
浅井長政の居城だった小谷城跡南麓の静かな環境で、周囲1.7km、広さ10.6ha。
大和朝廷時代に干ばつに備え物部守屋が築造を指導したと伝わる長い歴史があり、現在でも調整池として田畑を潤している。


日本の南限飛来地となるオオヒシクイをはじめ、マガン、マガモ、カルガモ、コガモなど多くの野鳥が飛来、またオシドリが周年生息している。
水鳥は例年10月から3月に多く観察できる。

西池野鳥ふれあいの家と遊歩道

西池野鳥ふれあいの家より

オオヒシクイの説明
観察小屋・西池野鳥ふれあいの家には、野鳥の説明があり望遠鏡で水鳥ウォッチングを楽しめる。

西池の野鳥


冬の西池

夏、池では7月中旬から8月中旬頃にはハスの花が咲く。
周辺には史跡が点在、歴史舞台を訪ねる楽しみもふくらむ。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ