SPinfo エスピーインフォ

波から家を守る湖岸の石積み
海津・西浜の石積み
滋賀県高島市

20171127日制作
琵琶湖岸に約1.2kmにわたって続く高さ2.5m程の石積み。
現在の石積みは1702(元禄15)年築造とされ、以来大きな風波から家宅を守ってきた。
石積みのある湖岸に出る路地が所々あり、湖に沿っての散策もできる。
国の重要文化的景観。





石積みの宿場町遠望

石積みが続く琵琶湖岸

北側を望む
琵琶湖北西部、桜名所・海津大崎は直線で2km足らず。
山が湖に迫る険しい湖岸と平野部の穏やかな湖岸の境目付近。
琵琶湖や山々を望む、のどかな風景が広がっている。

河口


街道沿いの宿場町
海津は古くから湖上交通で栄えた宿場町。
湖岸沿いに並ぶ家々の内陸側に街道がある。
今も往時をしのぶ家々が連なり、中には江戸時代築の家屋もある。

湖岸へ出る通路
家々の間から何ヶ所も琵琶湖に出る路地がある。
湖岸沿いに歩くこともでき、間近に石積みを見ることができる。
遊歩道ではなく、歩きにくい所もあり、湖の状態によっては控えた方がいい。

海津港と説明板

津漁業協同組合の旧倉庫
海津は古くから琵琶湖の海運拠点として栄え、湖北三港に数えられた。

海津・西浜石積み最終地点
街道沿いにも石積みを見ることができる。
この地域の水は鉄分が多く、除雪用の水で道は少し赤茶色。


共同水場
湧水を利用した水場で、屋根の下には井戸がある。
水はきれいで、鯉が泳ぐ。
地域では、共同井戸の利用を基にしたイケ仲間が今でも活きている。


蓮光寺

西与一左衛門の碑

現地の案内板
海津港近くの蓮光寺には、石積みを築いた業績を称える西与一左衛門の碑が建立された。




おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ