SPinfo エスピーインフォ

現役最古の稼働
デパート屋上観覧車
わんぱくランド
丸広百貨店川越店
埼玉県川越市

20171126日制作

屋上観覧車「わんぱくホイール」
彩の国埼玉県を代表するデパート・丸広百貨店。
地域密着型の百貨店として川越に本店を置き、県内に8店舗を展開。
中でも1964(昭和39)年に移転開業した川越本店は、昔ながらの「百貨店」の雰囲気を色濃く残している。





その川越店の屋上にあるのが、屋上遊園地「わんぱくランド」。
コイン式乗り物、ゲームコーナー、ミニモノレール、そして全国2ヶ所のみとなった屋上観覧車などがある。

観覧車からの眺め

観覧車からの眺め
1968(昭和43)年にオープン。
当時からずっと活躍しているのが、小さな屋上観覧車「わんぱくホイール」。
デパート屋上観覧車自体、全国でも2ヶ所のみ。しかも、開設当初からのものは唯一。
ゴンドラはガラスがない吹きさらし。
穏やかな日は特に風が気持ちいい。眼下に川越の街を一望できる。
乗車時間は約3分。
スタッフが教えてくれた。
「現役の屋上観覧車は、うちと蒲田東急プラザさんだけ。それも、開設当時からのものはうちだけです。」
国内最古の屋上観覧車は名古屋三越(旧オリエンタル中村)で国の重要文化財だが、運転はしていない。

2人乗りのモノレール

モノレールから撮影
屋上を一周 スリルたっぷりのミニモノレール「わんぱくビード」
わんぱくランドのもうひとつの目玉が、ミニモノレール「わんぱくビード」。
この屋上遊園地の周りを1本レールで1周する2人乗りのミニモノレール。
乗ってみると結構揺れてスリリング。
眺めは良く開放的で、大人でもハマるくらいだった。

ミニ飛行機

屋上遊園地のドラえもん

わんぱくエアプレーン(飛行塔)
屋上遊具は、ミニ飛行機「わんぱくエアプレーン」を含め、昔からのものを使用している。
それ故メンテナンスは大変。
でも、お客さんの笑顔を見て「機械が動くうちは続けないと」とメンテナンスに力が入るという。

屋上の民部稲荷
新社殿造営を機会に、自治会との協議で引っ越してきた由緒ある稲荷様。
由来などの説明が掲示されている。

キッズプレート
わんぱくランド1階下の7階には「ファミリーレストラン」がある。
昔ながらのデパート大食堂の雰囲気たっぷり。
和・洋・中、何でもあり、どれを食べようか迷ってしまう。
キッズメニューは、大人でも200円プラスで注文できる。
色々と入って量が手頃で、小食の方や女性、ご年配の方からオーダーがあるという。
ファミリーレストランを利用すると、レジで屋上観覧車の割引券(300円→100円)をもらえる。(2018年3月)

ゲームコーナー





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ