SPinfo エスピーインフォ

曲線美の断崖 神秘的な谷
由布川渓谷
大分県由布市挾間町・別府市

2016611日制作
由布鶴見連山が源の由布川に続く渓谷。
水成岩が永い年月をかけて侵食され、高さ60m程の断崖が約12km続く。
岩肌はやさしい曲線を描き、そこに幾条もの滝が流れ落ちる。


椿入口
峡谷入口は、上流から椿、猿渡、谷ヶ淵の3か所。
椿入口が一番なだらかで、大きな滝を見ることもできる。
※現在、猿渡入口は閉鎖されている。
渓谷までは下り坂で約200m。

柔らかな曲線の岩肌
火山岩が深く浸食され、渓谷の両岸は断崖でなめらかな曲線を描く。
渓谷から上を撮影。

幅が狭い渓谷
幅が狭い渓谷は、光が直射で届かない時間がほとんど。

泡雪の滝
椿入口から渓谷へ降りると、上流側に見えている。滝に近づくこともできる。




猿渡付近の吊橋からは、峡谷を見下ろすことができる。
椿の上流側を探勝すると、巨岩が断崖の間に挟まった珍しいチェックストーンがある。
毎年7月第2日曜日に「由布川渓谷祭」が開催される。
峡谷での安全祈願を行い、観光客への催しが実施される。




おでかけの際は最新情報をお確かめください。
SPinfo エスピーインフォ