SPinfo

谷を埋める黒い巨岩群
なべくら渓
奈良県山添村

長さ650mにわたって谷沿いに黒い巨岩が続く奇勝。
岩の下を川が伏流しており、耳をすませるとわずかな水音が聞こえることがある。
岩の色が鍋の底を連想させることが名の由来と伝わる。
遊歩道が整備され、谷沿いに登っていくことができる。
なべくら渓の成因は、遠い昔、山が風化していく中で固い岩石が残り、現在より深い当時の谷底に集まったものと考えられている。
県道272号線に架かる「なべくら橋」が入口。隣接地に駐車場がある。
ここから上方へ約550m、下方へ約100m巨岩が続いている。
上方から見た「なべくら橋」。
遊歩道から見た「なべくら渓」。
遊歩道のテラスから見た「なべくら渓」。
「なべくら渓」上部。

「なべくら渓」から徒歩で行ける「神野山」。
神野山のページへ
山上一帯は「フォレストパーク神野山」として整備されており、
森林科学館や茶の里映山紅、木工館、めえめえ牧場、バーベキュー場や健民グラウンドなどの施設が点在する。
また、南側斜面には神野寺が鎮座する。

フォレストパーク神野山HP






2015511日制作
おでかけの際は最新情報をお確かめください

SPinfo