SPinfo エスピーインフォ

33面の三角縁神獣鏡が出土
黒塚古墳
奈良県天理市

20161010日更新
出土した鏡の多さに驚き
3世紀末から4世紀初頭の前期前方後円墳。全長約130m、後円部の高さは約11m。
1997(平成9)年からの発掘調査で、過去最多33面もの三角縁神獣鏡などがほぼ完全な状態で発見された。
この三角縁神獣鏡は卑弥呼が魏から貰った鏡とされ、卑弥呼の墓との一説がある「箸墓」近くでの発見は大きな脚光を浴びた。
国の史跡。
奈良県黒塚古墳出土品は国の重要文化財。


周辺一帯は大和古墳群
付近は有数の古墳集中地帯。この中で最初に造られた古墳とされている。


墳丘へ登る遊歩道
墳丘に登ることができる。
案内板や石室埋葬位置を示すモニュメントがあり、周辺の風景を見渡せる。
古墳周辺は柳本公園として整備され、東側には黒塚古墳展示館が設けられている。


墳丘からの風景

墳丘の遊歩道

周辺の遊歩道
1823(文政6)年に建てられた碑。
黒塚古墳が整地された記念に、豊かな柳本藩を願って村民が建てた。

楽しそうな遊具
黒塚古墳展示館
館内では実物大の竪穴式石室三角縁神獣鏡33面などのレプリカを展示している。
石室のレプリカ。2階からも見下ろせる。
竪穴式石室は南北の長さが約8.3kmなど全国屈指の規模。
古墳の規模から比べて大きな石室
石室内には長さ約6.2m幅約1mの棺台があった。
棺内や石室内からは様々な遺物が発見されている。

現地の看板





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ