SPinfo

伝説の滝と千年の巨杉
投石の滝・衣掛の杉
なげしのたき きぬかけのすぎ
奈良県東吉野村

投石の滝(なげしのたき)
天女が舞い降り、玉を滝壺に投げ、不動明王に祈拝したことから名付けられたという。
「不動の滝」とも呼ばれ、滝のそばに不動明神が祀られている。
高さ15mの直瀑。緑の谷間に滝の音が響いている。
滝の左手には樹齢千年の衣掛け杉がそそり立ち、不動明王が祀られている。
県道28号線沿いに誘導看板があり、駐車場までから滝までは徒歩約2分。

鳥居と滝。
滝の左手に祀られた不動明王。
衣掛の杉(きぬかけのすぎ)
樹高50m、幹周5.76m、樹齢千年の巨木。
弘法大師空海が滝で修行の際に衣を掛けたと伝わる。
滝のすぐ左横にそびえ立っている。
滝手前の広場。
水分神社。







2015629日制作
おでかけの際は最新情報をお確かめください

SPinfo