SPinfo エスピーインフォ

湾内周遊の美景とご当地牡蠣料理
かき鍋クルーズ
丸文松島汽船
宮城県松島町・塩釜市

20161126日制作

かき鍋1人前
松島の海の幸といえば、身のぎっしりと詰まった牡蠣(かき)。
かき鍋料理を味わいながら、松島〜塩釜間をクルーズできるのが、丸文松島汽船の「かき鍋クルーズ」。
松島桟橋から塩釜港へのコースに乗船、かき鍋を味わってみた。






第3芭蕉丸(松島桟橋)
乗船する船は「第三芭蕉丸」。
定員は2等が98名、グリーン70名、1等20名。

2等船室

グリーン船室
2階はグリーン船室。名の通り、座席のモケットは緑色。
松島を眺めるには格好のビューポイントだ。

1等船室
最上階の3階は定員わずか20名の1等船室。
特等室だけあって、座席は白いカバーのかかったソファー席。
ほぼ360度の展望が楽しめる。

船の中では、既にかき鍋の用意がされていた。
牡蠣がびっしりと入った土手鍋。
東京でこれだけの量があれば、相当の値段だ。
牡蠣鍋はいわゆる「どて鍋」というもので、味は仙台味噌仕立て。
シメのご飯は宮城県産ササニシキという地産地消メニュー。

かき酢

かきフライ
「揚げたてをどうぞ」と、カキフライとかき酢が運ばれてきた。
キッチン設備があり、揚げたてのカキフライを味わえるのだ。

汽笛を鳴らし、松島桟橋からいざ出港。
塩釜港に向けて、約50分間のクルーズの始まりだ。
湾に出ると、小さな島々の間を縫うように進んでいく。
見どころのたびに、観光案内の放送が流してくれる。
かき鍋つついて、ビールを飲んで、島も見てとけっこう忙しいものだ。


松島港出港後の風景(五大堂)
空は曇りで海上からの風景はぼんやりとしていたが、それでもいい眺め。
船のガイドさんは、天気なら絶好のビューポイントですよと話してくれた。
かき料理を平らげた頃、船はマリンゲート塩釜(塩釜港)に到着。
50分間と短い時間だが、満足したひとときだった。

船からの風景(福浦橋)

船からの風景(仁王島)

松島〜塩釜航路の料金は、大人片道の2等運賃は1,500円。
グリーン2,100円、1等2,900円。
通常料金は大人3,400円だが、ネットで予約すると割引サービスがある。
「かき鍋クルーズ」は、塩釜港発の便もある。
運航期間は2016年度の場合、12月1日〜25日の毎日、年明け1月7日〜3月12日の土日祝日。




おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ