SPinfo エスピーインフォ

素掘りのトンネルを抜け
孟宗竹の別世界
土井竹林
三重県尾鷲市

20151210日制作
太い立派な竹が群生
紀州候に仕えた武士で、後に尾鷲へ移住した土井家七代当主・喜八郎によって、薩摩から移入された孟宗竹の林。
広さ4千平方mにわたって高さ15m程の竹が群生している。
太いものでは幹周りが70cm程あるという立派な竹林だ。


村人達が掘ったトンネル
国道42号沿いに道標は出ており、パチンコ店の駐車場の一角が竹林用の駐車場。
湧井井戸を過ぎるあたりから緑に囲まれ素堀のトンネルへ。
このトンネルは、村人が苦しい時代を土井家に助けられたお礼に掘ったもの。
トンネルを抜けると、どちらを見ても竹、竹、竹。
約200年の歳月を経た立派な竹につつまれ、昼間でも薄暗く感じる程。
よく手入れされており、生き生きと伸びている。
風にゆれて竹林が快い音を奏でる。耳をすまして、竹林によるミュージックを聞いてみよう。
時によって曲は様々、どの曲も心が癒される。


竹林へ続く道。亜熱帯植物を見ることができる。
左手に湧井井戸がある。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ