SPinfo エスピーインフォ

ウミガメに出会える道の駅
ウミガメ公園
道の駅 紀宝町ウミガメ公園
三重県紀宝町

2017621日制作
ウミガメが上陸するまち紀宝にある国道42号沿い道の駅。
物産館と資料館・飼育棟などがある。
ウミガメ飼育研究の拠点で、道の駅でありながら泳ぐウミガメに出会える。




物産館
道の駅ウミガメ公園は国道42号線沿い。
3階建で、1Fはみかんなど農産物や海産物の物産コーナーと情報提供・休憩コーナー。
2Fは、テラス席もありステーキ丼やしらす丼などが人気の軽食コーナーと展示コーナー。
3Fは休憩室と屋上の展望テラス。180m程しか離れていない七里御浜の海も見渡せる。

室外でも、特産品のみかんなどが並ぶ。



ウミガメの石像

資料館

資料館内部
資料館
ウミガメに関する資料が展示され、ウミガメショップも併設。
ウミガメグッズも揃っており、売上の一部はウミガメのために使われている。


飼育棟

飼育棟内部
飼育棟
資料館と続いており、大プールではウミガメが泳いでいる。
大プール・小プール
飼育棟にあり、ウミガメが泳いでいる。
プールの上からはもちろん、大プールには水中窓も設けられている。
ここで出会えるウミガメの種類は、アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイ。

水中窓

ウミガメ解説のパネル


浦島太郎と乙姫の衣装


ウミガメサポーター募集中


熊野のいきもの

ウツボ
タッチングプール
サザエやウミウシなどにふれることができる。

<開館>
資料館・飼育棟 9:00〜17:00 年中無休
物産館 8:30〜19:00(11〜2月は、8:30〜18:00)
<入館料> 無料

紀宝町は、全国で初めて「ウミガメ保護条例」を1988(昭和63)年に制定した。
5月下旬から8月上旬の産卵シーズンには夜間パトロール、台風などの高波予想日には卵の保護など保護活動が熱心。
また、地元の井田小学校にはふ化施設があり、児童も観察や発表などを通じウミガメの理解と愛情を深めている。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ