SPinfo エスピーインフォ

湾内に独特な家屋が並ぶ
伊根の舟屋群
京都府伊根町

20151214日制作
湾内に230余軒の舟屋
丹後半島東部の伊根湾には海岸線に沿って並ぶ舟屋群で知られている。
海辺ぎりぎりに並ぶ家屋
舟屋とは1Fが船揚場など、2Fが住居という独特な造り。
珍しい風景で壮観、独特な旅情を感じる。
明治時代になって集落に道路ができた頃から、舟置き場などの機能を海辺に集めたのが始まり。
明治中期から昭和初期築の建物が多い。
舟の大型化に伴い、近年では外に繋いでいることが多い。
海岸に山が迫る限られた土地を有効に利用できる。
家屋のすぐ前が海で、漁船を出すのに便利。
海は急に深くなっており、湾内で穏やか、干満の差が少ない。
国の重要伝統的建造物群保存地区。2005(平成17)年に漁村では初めて選定された。



伊根浦発信館おちゃやのかか
住民たちで作った憩いの場、資料館で4〜11月の土日に営業。
伝統的な漁具や民芸品などを見ることができる。
特産品直売所のコーナーでは土日などに販売がある。
また、不定期でワンデーシェフ・れすとらんが開かれる。


伊根湾めぐり遊覧船で、海上から舟屋群を眺めることができる。
所要時間約25分。また、船にカモメが群がり、エサを与えることができる。
「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」「朝の連続テレビ小説」などロケ地として幾度も登場。
道の駅・舟屋の里公園
舟屋の並ぶ伊根湾を一望できる。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ