SPinfo エスピーインフォ

地獄を通る道 見守る仏様
元箱根石仏群
神奈川県箱根町

2017911日制作

二十五菩薩像(西側)
国道1号線沿いの精進池(しょうじんがいけ)周辺にある鎌倉時代後期(一部室町時代初期)の遺跡。
溶岩崖にそのまま彫った磨崖仏や、溶岩を切り出して造った宝篋印塔が点在する。
中世の箱根越え・湯坂道が通ったが、荒涼とした風景は地獄と恐れられていた。
そこで、安心してもらうよう石仏や石塔が造られ祀られたという。
江戸時代になると、近隣に湯治客が増え観光名所となった。
明治以降の新道建設や、大正期の国道1号線へ改修などで環境が激変。
多くが荒れ果てたが、様々な処理や補強で蘇り、
公園化、遊歩道整備などで、気軽に見学できるようになっている。
国の史跡、国の重要文化財。






芦の湯バス停付近
湯本方面から入る場合、芦の湯バス停から遊歩道が始まる。
石仏・石塔群保存整備記念館(バス停は六道地蔵)までが一区切り。
そこまで約1kmで、分岐の先2ヶ所往復を合わせ約1.2km。

曽我兄弟・寅御前の墓
左側2基「曽我兄弟の墓」と、右側1基「虎御前の墓」が並んでいる。
高さ約2.5m。国の重要文化財。


二十五菩薩像東側


二十五菩薩像西側
二十五菩薩像
安山岩の大きな岩塊を彫った磨崖仏群。
国道1号線を挟んで西側23体と東側3体の2ヶ所、全部で26体。
一体の大きさは、0.2m〜1m。全体の見た目はとても印象的。
東西は地下通路で行き来できる。国の重要文化財。

西側と東側を結ぶ地下通路

宝篋印塔
「多田満仲の墓」と伝わる石造宝篋印塔。
永仁4年(1296年)の銘と正安2年(1300年)の追銘が確認できる。
相輪除く高さは約3m。国の重要文化財。

八百比丘尼の墓
宝篋印塔で、一部が欠けている。
「観応元年」と銘があり、室町時代初期に作られたことがわかる。

応長地蔵(火焚地蔵)
精進池近くにある磨崖仏。高さ1.24m。
大きい地蔵菩薩一体と、小さい地蔵菩薩2体が彫られている。
この地域の風習で、身内に不幸があると、この地蔵の前で送り火をたくなどを行った。
国の重要文化財。
六道地蔵
安山岩を彫った像高3.2mもの地蔵菩薩坐像。
遊歩道の分岐から国道1号線をくぐり階段を上ると、覆屋(地蔵堂)が見えてくる。
左側の岩に正安元年の刻銘が確認できる。※正安元年は1299年。
国の重要文化財。

精進池(しょうじんがいけ)
駒ヶ岳が背景に見える神秘的な雰囲気。以前は周辺を地獄と呼ばれ、恐れられていた。
石仏・石塔群保存整備記念館
国道1号線沿いで精進池隣接の高台。
解説パネルなどで石仏群について概略を学べる。
10時から16時まで。無料。


現地の案内板





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ