SPinfo エスピーインフォ

関東大震災でできた自然湖
震生湖
神奈川県秦野市

2016121日制作
1923(大正12)年の関東大震災で生まれた湖。
地震で山が裂けた部分が幅200m程陥没。
沢が堰き止められ、水がたまった。
地下水脈以外、流入や流出河川はない。
日本で最も新しい自然湖ともいわれる。





面積1万3千平方メートル、周囲約1km。
北側は震生湖公園で、湖畔などに遊歩道が整備されている。
湖周辺では多くの野鳥を見ることもできる。

震生湖公園

湖畔の釣り
ブラックバスやヘラブナ釣りが人気。岸釣りは無料で、桟橋は有料。




福寿弁財天


駐車場から続く参道
湖畔にある駐車場。桟橋が近い。
売店付近に物理学者・寺田寅彦の句碑があり、
「山さけて 成しける池や 水すまし」と刻まれている。
県道沿いの駐車場からは、丹沢山系や秦野市街などの眺めがいい。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ