SPinfo エスピーインフォ

次々と世界最高水準の花火
土浦全国花火競技大会
茨城県土浦市

20171010日制作
日本三大花火大会及び日本三大競技花火大会の一つに数えられる。
特に内閣総理大臣賞は、全国の花火コンクールでも土浦と大曲の2ヶ所のみ。
花火コンクールの頂点ということができ、
花火師自慢のハイレベルな花火作品を見ることができる。
土浦市街地南部を流れる桜川河川敷が会場。
毎年10月第1土曜日(荒天順延)開催。打ち上げ時間は18時〜20時30分。





シャトルバス乗り場の列

待機しているシャトルバス
JR常磐線・土浦駅東口より2.5km程。
会場の最寄りである学園大橋まで臨時バスが出る。
2017(平成29)年の場合、運行開始は14時過ぎで最終は土浦駅東口19時発。
満員になり次第発車のピストン輸送で、片道240円。
土浦市街地南部を流れる桜川河川敷が会場。
学園大橋の上でバスを下車すると、まずは有料観覧席と団体観覧席がある。
ここは事前販売のチケットがないと入場できない。
無料で観覧できるゾーンは、学園大橋から歩いて15分程の河原。
無料ゾーンでは、有料観覧席の隣で対岸にイオンモールが見える付近がいい。
10号玉や創造花火が目前で開く。
無料観覧ゾーンの開放は前日正午。
仮設トイレが各地に設置されるが、長蛇の列となる。
河原は電灯がないため足元に注意。懐中電灯などがあるといい。


スターマインの部、10号玉の部、創造花火の部の3部門で競う。
その間にいくつか余興花火があり、「ワイドスターマイン 土浦花火づくし」は特に見もの。
日本煙火協会茨城地区会と大会実行委員会の提供だ。
歴史は長く、2017(平成29)年で86回目。
1925(大正14)年に神龍寺住職が私費で開催したのが始まり。
霞ヶ浦海軍航空隊殉職者の慰霊、商店街復興、実りへの感謝と農民の慰労のためだった。

総打上数は2万発とされ、10号玉も多く迫力がある。

野村花火工業のスターマイン
2017(平成29)年は、この10年で7回も内閣総理大臣賞に輝く野村花火工業(茨城県)が2年ぶりに受賞となった。

ワイドスターマイン
<模擬店情報>
桜川の河川敷、学園大橋から常磐線の間に約400店程。
たこ焼き、焼きそばなどの定番物がメイン。
露店は16時頃からの営業が多く、20時過ぎには店じまいする露店もある。
土浦駅ではキオスクの臨時売店が出て、飲み物やおつまみ、レジャーシートなどを売っている。
缶ビールは市場価格(350ml缶250円)なので、ここで買うのもいい。
土浦駅などでガイドブック(100円)が販売されており、出展花火などが詳しく掲載されている。

<帰りの規制>
2017(平成29)年は何と75万人の人出。
花火終盤の20時頃から各方面で渋滞が始まる。
河川敷からシャトルバス乗場の学園大橋まではかなり混雑。
歩いて帰る人も多く、土浦駅までゆっくりでも45分程。
土浦駅では、西口が入場規制になって人の流れが変わり東口も規制となる場合が多い。
特急指定席を取っている場合などは、かなりの余裕を持って移動しよう。




おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ