SPinfo エスピーインフォ

懐かしさあたたかさ
庶民モノいっぱい
レトロスペース
坂会館
北海道札幌市西区

20171016日制作
懐かしさ、温かさに魅せられる博物館。
日常もの展示が大半だが、バラエティーに富んだ内容。
収集のレベルを超えた数にも驚かされる。





ビスケットなどの菓子が道民に愛される坂栄養食品の工場に併設。
もとはレストランだった建物。
入口から、懐かしく怪しげなモノが陳列。
館内には、レトロで懐かしいものが並んでいた。
昔のマッチラベル、洗剤の容器、8ミリ映写機、古い電話機など。
妖しさやお色気の展示品もある。
あまりの懐かしさに時間を忘れて見入ってしまう。
社長であり館長の坂一敬氏が20年以上にわたって運営している。
開館のきっかけは、電車で席を譲られたこと。
棄てられているマネキン人形が自分に重なり、大切に展示した。
また、周辺の商店街が寂しくなる中、人出を減らしたくないとの思いもあった。
人形以外にも、日用品、骨董品、ポスター、雑誌など、昔の家庭であったようなモノがほとんど。
膨大なコレクションが所狭しと並び、館内は迷路のよう。
展示物自体はとてもきれいで、「モノ」にあふれる愛情を感じる。


2階への階段
階段の踊り場には、ビスケットができるまでの解説ボードも展示されていた。

2階のイベントスペース
2階は陳列スペースの他、ちょっとした古本屋。
ここで時折、歌声イベントなども行われている。

ビスケットの試食
1階奥は、ビスケット工場直営の売店。
クリームを挟んだ「ラインサンド」や、アルファベットの形をしたビスケット「しおA字フライ」など人気商品が並ぶ。
1袋90〜150円とお得で、割ビ(割れビスケット)は特にお得!
できたてビスケットの試食も楽しみ。
展示も商品も庶民的。

ビスケット販売コーナー
「今日は寒いですから、温かいお茶もご用意してあるので、飲んでいってください。」
レジのお姉さんのひとことが嬉しい。
札幌市営地下鉄東西線「二十四軒」駅より約700m、徒歩約10分。
入館無料。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ