SPinfo エスピーインフォ

函館で愛されるコンビニ弁当
やきとり弁当
ハセガワストア
北海道函館市他

2017531日制作
函館など渡島地方を中心に展開するコンビニ「ハセガワストア」。
店内調理で焼き立ての「やきとり弁当」が大人気。






店内調理

由来は飲んだお客さんから
「やきとり弁当」が生まれたのは1978(昭和53)年。
当時の会長が、店で焼き鳥を焼いていると、酔ったお客さんが「お弁当ないの?」。
要望を叶えようと、とっさにご飯に海苔をのせ、できたての「やきとり」をのせて出した。
すると、「これはうまい!」と大好評。
以来、材料の吟味や、焼くための店舗改良を重ね30年以上。
同店の看板商品に育った。


ハセガワストア棒二森屋店

やきとりなのに豚肉?
ハセガワストアの「やきとり弁当」に使われているお肉は、実は鶏肉ではなく豚肉。
函館など道南では「やきとりのお肉は豚肉」と一般的に言われていることから。
養豚が盛んな土地柄で、ビタミンB1を多く含んでいることもあり、豚肉の方が一般的。
尚、「鶏肉のやきとり」もちゃんと売っている。

隠し味は函館ワイン
お肉を焼くときに、シュッシュと霧吹き。
これの正体は、何と「函館ワイン」!
これがお肉の臭みをとり、隠し味となっている。
「やきとり弁当」の味は、塩、タレ、シオダレ、ミックスの4種類。
中でも塩味には、ガーリックをほんの少しきかせている。

店頭のいろいろな弁当

できたてにこだわり店頭調理
通常「コンビニのお弁当」といえば工場生産。
しかし、ハセガワストアの「やきとり弁当」は、店頭のキッチンでできたて。
注文を受け、串刺しされた肉をコンロで焼き、味付け。
そして、アツアツのご飯の上にのせて出す。
時間は少しかかるが、待つ価値は充分あり。
お弁当箱をよく見ると小さな溝がある。
これはふたをしたまま、串だけを抜く食べ方ができるための配慮だ。
函館を代表する味のひとつ
函館出身のロックグループ「GLAY」のメンバーも大好物。
ラジオ番組やコンサートのMCで、「やきとり弁当」の思い出を語った。
また、函館でイベント出演する芸能人に「やきとり弁当」を差し入れた。
知名度は大幅にアップ。
今では「弁当箱のストラップ」などグッズまで登場。

北海道で人気のコンビニ「セイコーマート」と資本提携、同チェーン店の一部でも「やきとり弁当」を味わえる。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ