SPinfo エスピーインフォ

トドワラなどの別世界
日本最大の砂嘴
野付半島
北海道別海町

2016129日制作
長さ約28km、日本最大の砂嘴。
立ち枯れした木々・
トドワラが広がる荒涼とした風景が印象的。
また、ミズナラが立ち枯れたナラワラが、道路途中で見られる。
多くの野鳥も生息。
多様な自然を見ることができる魅力的な場所だ。
ラムサール条約登録湿地。






ナラワラ
国道244号線からネイチャーセンターまで、フラワーロードと呼ばれる車道が続いている。
長さは約15km、ほぼまっすぐの開放的なドライブコースだ。
途中、半島の幅が狭いところでは70m程で、左右どちらも海が近い。
ナラワラはミズナラの立ち枯れた風景。
フラワーロード沿いにあり、沿線に標識が出ている。


ハマナス
野付半島ネイチャーセンターでは、自然や観光などの情報収集ができる。
また、ネイチャーツアーを実施している。



トドワラはトドマツの立ち枯れた風景で、トドマツの原っぱが名の由来。
江戸時代中期頃まであった原生林が、地盤沈下で海水に浸かり立ち枯れた。
トドワラは年々少なくなっており、年々風景が変わっている。
ネイチャーセンターから南西方向へ約1.5km、徒歩約30分。
遊歩道沿いは原生花園で、夏には一面に花が咲く。
尾岱沼(おだいとう)からの別海町観光船を利用するのも便利。



竜神崎
野付半島の東端で、白い野付崎灯台が立っている。
周辺では夏に花が咲く。
ネイチャーセンターから約2.8km。
駐車場から灯台までは約500m、徒歩約7分。

現地の案内板

現地の案内板






おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ