TOP 東海地方 岐阜県
東濃エリア 瑞浪市

SPinfo

往時の面影残す
中山道の石畳
琵琶峠
岐阜県瑞浪市

今に残る国内最長級の石畳
中山道の旧美濃国内最高地点、標高585m。
全長約730mに及ぶ国内最長級の石畳で知られる。
付近には八瀬沢の一里塚馬頭様など道標や石仏が現存。
当時のノミ跡がある岩もわかる。




八瀬沢の一里塚(上から)
江戸へ91里 京へ43里。
江戸時代の中山道が残る所は少なくなったが、この付近約15kmの間は、山上の尾根道だったこともあり、昔の状態がよく残されている。
現地の案内板
細久手側峠入口(西側)付近
峠から尾根沿いを少し上ると峠の文学碑などがある。
往事は見晴らしが良かったそうだが、現在は樹木におおわれている。
要所に案内板が整備され、散策しながら歴史を学べる。
結構、遠方からの旅人にも出会う。
琵琶峠頂上の馬頭様和宮歌碑
峠から少し登ったところに「琵琶峠見晴台」があり、文学碑群がある。
見晴台といっても現在は樹木で覆われ展望はきかない。
岡田文園「琵琶坂」碑
太田南畝「壬戌紀行」「琵琶嶺」碑
中山道琵琶峠碑
大湫側峠入口(東側)
細久手側峠入口(西側)







SPinfo

TOP 東海地方 岐阜県
東濃エリア 瑞浪市