SPinfo エスピーインフォ

刻々と変わる御岳と雄大な眺め
大平展望台
おおだいらてんぼうだい
御嶽パノラマライン
岐阜県下呂市小坂町

201765日制作

飛騨小坂から濁河温泉へ向かう御嶽パノラマラインの途中にある展望台。
標高1,446mで、雄大な御岳の眺めを満喫できる。
御岳・剣ヶ峰(標高3,067m)までは直線距離で約10.8km。
眼下には長い裾野や溶岩流濁河谷が広がっている。






御嶽パノラマライン
御嶽パノラマラインは断崖上の尾根近くを走り、素晴らしい風景が展開する。
眼下の濁河谷との標高差は400mを超える。
覗くと目がくらみそうな高さだ。
国内で屈指の高所にある温泉街・濁河温泉へと続く。
また、途中で曲がれば長野県の開田高原方面へと抜けられる。(冬季閉鎖)

濁河谷


御岳と裾野の樹海


日本一の溶岩流 看板
(大平展望台の手前約750m)


パノラマライン全体に眺めが素晴らしい。
大平展望台は、小坂中心街・国道41号線から約24km。
駐車スペースや東屋、案内板などがある。

大平展望台の東屋

東屋から見た御岳

夕暮れ時、御岳の色が刻々と変わっていった。
雪を抱いた白い峰が、少しずつ赤く。特に、数分間は見事。
そして、わずかな時間で青くなった。


現地の案内板





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ