SPinfo エスピーインフォ

現役最古の旧鉄道トンネル
柳ヶ瀬トンネル
福井県敦賀市・滋賀県長浜市

2019516日更新

柳ヶ瀬トンネル内部
北陸本線旧ルート、長浜〜敦賀港間の開業と共に1884(明治17)年に開通。
長さは1,352mで当時国内最長、初めての1kmを超えるトンネルでもあった。
現在も車で通行可能で、現在も利用されている最古の旧鉄道トンネル。
ちなみに、鉄道利用の現役最古のトンネルは横浜市の清水谷戸トンネル。
大型車、自転車、歩行者などは通行できない。



福井県側入口

滋賀県側入口
開通当時は北陸本線が単線だったため、幅が狭いため相互通行。赤信号は何と6分半。

柳ヶ瀬トンネル内部
幅員が狭いトンネルが続く独特な雰囲気。
木之本〜敦賀はここを通っても、国道8号線と距離はおおよそ同じ。
北陸自動車道にほぼ沿ったルートとなっている。
トンネル以外は舗装2車線なので、トンネル相互通行以外のロスタイムはほぼない。
土木学会選奨土木遺産、経済産業省近代化産業遺産。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ