SPinfo エスピーインフォ

キハ(気動車)でティータイム
スイーツ・ワイン列車
いすみ鉄道
千葉県いすみ市

2016113日制作
ムーミン列車」や昭和レトロな国鉄型キハ(気動車)による「昭和の観光急行列車」で知られる第3セクター私鉄・いすみ鉄道
土日祝日に運転される「昭和の観光急行列車」では「レストランキハ・ランチクルーズ」と称して、
伊勢海老水揚げ日本一の大原漁港から仕入れた新鮮な伊勢海老を味わえる「お刺身列車」(主に土曜日)や「イタリアン列車」(主に日曜日)が走る。
これらのグルメ列車は、大多喜駅〜終点・上総中野駅折り返し〜大原駅というコースで走る。
その折り返しで土曜日には「和菓子列車」、日曜日には「スイーツ・ワイン列車」が走る。






「スイーツ・ワイントレイン」サボ

<乗車レポート>
「伊勢海老グルメ列車」は事前のネット申し込みが必要だが、
土曜日の「和菓子列車」と日曜日の「スイーツ・ワイン列車」は予約不要で先着順。
列車が到着すると受付開始。
乗車には乗車券・急行券の他、1,000円の特別料金がかかる。
車内でスイーツセットか、チーズの盛り合わせをチョイスでき、1ドリンクが付く。

車内
案内された気動車「キハ28」の車内には既にテーブルがセッティングされていた。
席に付くとアテンダントが、ドリンクとフードの注文を聞きに来てくれた。
白ワインとスイーツをチョイスした。
白ワイン(揺れ防止の枠付)
≪今回のスイーツメニュー≫
*カボチャのプリン
*抹茶とカシスのジェラート
*フランボワーズのムース

メニュー表より(イメージ)

メニュー表より(イメージ)

高らかなディーゼルエンジンの音を響かせて「昭和の観光急行列車」は大原駅を後にした。
さあ、ワインでひとり乾杯!
スイーツはいずれも「甘さ控えめ」。コーヒーにもワインにもよく合う味であった。
中でも、カボチャプリンはカラメルのほろ苦さが絶品だ。


車窓「ムーミンのいる池」
「昭和の観光急行列車」は、「急行」だが、のんびりと昭和の街並みや自然が残る線路を走る。
「急がないで行く列車」がこのいすみ鉄道「昭和の観光急行列車」なのだ。
車両も、国鉄からやってきた懐かしのキハ2両編成。
懐かしのヘッドマークをつけて走る姿は、国鉄時代を思い出させてくれる。

「スイーツ列車」相方のキハ52
大多喜駅で、飲料を含めてフードサービスは終わる。
あとは降りてもよし、引き続き終着駅・上総中野駅までの旅を楽しんでもよし。





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ