SPinfo エスピーインフォ

短い鉄旅 いろんな楽しみ行き
銚子電気鉄道
千葉県銚子市

201741日制作

銚子駅
JR総武本線の終着駅「銚子駅」。
ホームの先に銚子電鉄の乗り場。待っているのは、2両編成の小さな電車。
犬吠埼を経て漁港のある外川(とかわ)まで6.4km、短いながら旅情を楽しめる。
3編成ある電車はいずれも、東京の京王帝都電鉄から愛媛県の伊予鉄道を経て入線したもの。
中には京王帝都電鉄時代の懐かしい「グリーン車塗装」の車両もある。






銚子駅で発車を待つ銚子電鉄3000形

銚子駅で出発を待つ「初日の出列車」
この銚子〜犬吠に鉄道が敷かれたのは1913(大正2)年のことで、当時は「銚子遊覧鉄道」と呼ばれていた。
しかし、赤字続きだったため僅か4年で休止。
その後1923(大正12)年7月に、当時の廃線跡を活用して「銚子鉄道」として銚子〜外川間が全通。
犬吠埼への観光客輸送と、外川漁港で水揚げされた魚の輸送が主な使命であった。
その後、合理化や幾度かの廃線の危機を乗り越えて現在に至っている。


仲ノ町駅
銚子駅を出ると程なくして、次の駅「仲ノ町駅」に着く。
ここには銚子電鉄の本社と車庫があり、入場券で車庫内の見学や撮影ができる、鉄道ファン垂涎のスポット。
車庫内には、日本最古でかつ日本最小の電気機関車・デキ3が動態保存されている。
仲ノ町駅近くにはヤマサ醤油の工場があり、5月中旬の仕込みの頃に下車すると、大豆をふかすいい匂いがしてくる。
かつてはヤマサ醤油工場構内まで貨物の引き込み線があり、貨車のやり取りが行われていた。

仲ノ町駅駅舎

デキ3形電気機関車

しょうゆ味わい体験館
利根川の河口に位置し、水運の便が良かった銚子は古くからの醤油産地。
中でも大手のヤマサ醤油は江戸時代、1645(正保2)年創業の老舗。
工場見学もでき、ミニ博物館「しょうゆ味わい体験館」(無料)も人気。


観音駅駅舎
次の駅は「観音駅」。
関東地方でも有名な飯沼観音の最寄り駅だ。
銚子電鉄直営の鯛焼き屋があることでも知られていたが、
施設の老朽化などにより2017(平成29)年3月いっぱいで閉店し、以後は犬吠駅で販売再開予定とのこと。

観音駅の鯛焼き売店

鯛焼きを焼いている様子

飯沼観音



本銚子駅
そして勾配を登って行くと「本銚子駅(もとちょうしえき)」。
この駅はホームのみの無人駅だが、近隣に小学校があることもあって、乗降客は結構多い。
尚、この本銚子駅(本調子)から上り銚子駅行きのきっぷが、縁起物のお守りとして、銚子電鉄の有人駅で売られている。

本銚子駅を発車する2001号編成

本銚子駅を発車する2002号編成


「髪毛黒生」の駅名板
その次の「笠上黒生駅(かさがみくろはええき)」は、朝夕のラッシュ時などに列車交換が行われ、電車の行き違いを見ることができる。
また、企業が命名権をもつネーミングライツでは、「髪毛黒生(かみのけくろはえ)」とされ、注目を浴びている。

笠上黒生駅での列車交換

笠上黒生駅に入線する2002号編成

西海鹿島駅(にしあしかじまえき)」、「海鹿島駅(あしかじまえき)」という海のそばに相応しい駅名を過ぎると、電車はキャベツ畑の中を滑るように走る。
「関東最東端の駅」でも名を知られている海鹿島駅と、君ヶ浜駅の間にある踏切は、犬吠埼灯台を絡めて撮影できる格好のカメラスポット。

君ヶ浜駅ホーム


犬吠駅と3000形電車
そして電車は「犬吠駅」へ。
線内で一番大きい駅で、1階には直営のぬれ煎餅売店と出札口があり、記念乗車券なども売っている。
2階は、中井精也ギャラリーとなっている。

犬吠駅売店

ぬれ煎餅を焼いているところ

中井精也ギャラリーを走る鉄道模型
犬吠駅から犬吠埼灯台までは約800m、歩いて12分程。
日本一早い初日の出の元旦は、かなりの賑わいとなる。

犬吠埼灯台

犬吠駅から高台へ歩くこと15分のところに、「地球の丸く見える展望館」という博物館がある。
その名前のごとく、屋上からは地球が丸く見えるような360度絶景パノラマ。
彼方には、「東洋のドーバー」の別名で知られる屏風ヶ浦の海岸線も見える。
展望を楽しみながらティータイムを楽しめる喫茶室あり。

展望館から見た屏風ヶ浦


犬吠駅付近を走る2001号編成

犬吠〜外川間を走る2002号編成
犬吠駅を出ると、電車はキャベツ畑の中を突っ切るようにして走り、程なく終点「外川駅」に着く。
1985(昭和60)年NHK朝の連続ドラマ「澪つくし」でヒロイン・沢口靖子が乗り降りした駅で、駅前に案内板がある。
また、線路の先には引退したデハ801号電車が「京葉東和薬品昭和ノスタルジー館」というミニ博物館として再利用されている。(入館料150円)
海の香りが漂ってくる駅で、線路の先を少し歩くと狭い路地の向こうに海が見え始める。
400m程歩けば、漁港に出ることができる。

外川駅舎

外川駅

外川駅のデハ801

銚子電鉄巡りには「弧廻手形」という1日乗車券を買うと便利。
通常の物と「デラックス」があるが、銚子を初めて訪れる方は大人1,000円の「デラックス」の方がおすすめ。
「弧廻手形デラックス」の特典例
*犬吠駅売店で「銚電のぬれ煎餅」1枚サービス。
*犬吠埼「地球の丸く見える展望館」入場が無料。
*犬吠駅「中井精也写真ギャラリー」入場が無料。
*外川駅「京葉東和薬品昭和ノスタルジー館」入場が無料。
*飯沼観音にて、「開運お守り」プレゼント。
*犬吠埼温泉の提携ホテルで、日帰り入浴割引サービス。
*提携飲食店で、ちょっぴりプレゼント!(小鉢一品、ワンドリンクなどお店による)





おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ