東海地方 愛知県
東三河エリア

SPinfo エスピーインフォ

麺の下にも楽しみ
ご当地カレーうどん
豊橋カレーうどん
愛知県豊橋市

2017128日制作
東三河の玄関口・豊橋のご当地グルメに「豊橋カレーうどん」がある。
普通のカレーうどんではない。
うどんの下にも楽しみがある。丼一杯で二度おいしいのだ。





豊橋では昔からうどんが好まれ、消費量も多い。
そこで、豊橋観光コンベンション協会が構想し開発を先導。
2009(平成21)年に開発、翌2010(平成22)年より発売開始となった。
当初から参加40店舗で盛り上がった。
豊橋カレーうどんは、カレーうどんだけでなく一番下にとろろご飯。
カレーうどんとして味わった後、残ったカレー汁とトロロご飯を混ぜて頂く楽しみが待っている。
カレーのスパイシーな汁が、ご飯にもうどんにも実によく合いとても美味しい。
丼一杯で2つの味わいを楽しめるのだ。


勢川本店
その中でも人気なのが、市内10店舗を抱える「勢川」の本店。
豊橋駅より徒歩約7分で、電車利用でも気軽に行くことができる。

「豊橋カレーうどん」と名乗るには、5つのルールがある。
(1)うどん麺は自家製麺とする
(2)器の底から、ご飯、とろろ、カレーうどんの順に盛る
(3)日本一の生産量を誇る「豊橋産のうずら卵」を具に使用する
(4)福神漬または壺漬け・紅しょうがを添える
(5)愛情を持って作る
このルールを最低限守れば、具や味付けをアレンジしてもいい。
オリジナル感たっぷりの「豊橋カレーうどん」を出しているお店もある。
また、夏に走る豊橋鉄道「納涼ビール電車」では、市内のココイチ(Coco壱番屋)とタイアップ。
車内で「豊橋カレーうどん」を味わえる路面電車が走り出した。

勢川本店の場所




おでかけの際は最新情報をお確かめください。

SPinfo エスピーインフォ

東海地方 愛知県
東三河エリア